バックナンバー

葬儀時に関与する必須スキル

葬儀後の大切な挨拶とお礼

葬儀後のお礼と挨拶を忘れずに

葬儀が終わると、ひとまずひと段落するのでほっとした気持ちになると思いますが、忘れてはいけないのがお世話になった人への挨拶とお礼です。葬儀に参列してくれた人には、斎場などでお礼や返礼品を渡すことができるのでひとまず大丈夫ですが、弔電やお花を送ってくれた方へはなるべく早くお礼状を送るようにしましょう。また町内会など、葬儀のお手伝いをしてもらった方や勤務先などにはできるだけ早く、一般的には一週間以内に挨拶に伺った方がよいとされています。相手によっては挨拶だけでなく、菓子折りなどを持っていくと印象もよくなります。挨拶やお礼はできるだけ喪主自身が行うようにしましょう。葬儀の後は人間関係も変わってくる可能性があります。特に故人と親しかった人との関係は今までのままとはいかないことも多いので、挨拶に伺い改めて話をすることでこれから先の関係性も決まってくるとも言えます。直接伺えない場合は、電話や手紙でもかまわないので、葬儀から間を空けてしまわないように早めにお礼状などを送るようにしましょう。大変な時期かもしれませんが、今後の人間関係にも大きく関わってきますので、できる限りすぐに済ませておくようにします。

↑PAGE TOP