街の法律家行政書士

行政書士になるには国家資格が必要

行政書士試験に合格するには専門の学校

専門の学校で学ぶことで短期合格も可能

行政書士は昔からある職業で役所の許認可等を受けるときに依頼人に代わって、様々な書類を作成したり相談にのったりする専門職です。そして行政書士になるためには、国家試験に合格して登録する必要があります。しかし行政書士試験は合格率が10パーセント前後の難関資格であり、合格するのは簡単ではないです。試験科目は憲法、民法、行政法、地方自治法などの法律科目と一般教養科目があり出題範囲が広いのです。そのため効率的に勉強しないといけないのです。行政書士試験は独学でも合格できないことはありませんが、非常に時間がかかるので短期間で合格を目指すなら、専門の学校で指導を受けることをおすすめします。

行政書士の仕事は業務独占資格で、資格さえ持っていれば一生働くことができるのが魅力的です。資格を取得すると行政書士事務所の求人に応募したり、独立して自分で事務所を構えて仕事を行うこともできます。また独立すると定年がないのもいいです。そして試験に合格するには無駄な寄り道をせずに試験に合格することに特化して勉強する必要があるのです。行政書士資格の専門の学校では毎年の試験を分析してしっかりと対策しています。その上でどのような問題が出るのか傾向を研究して模擬試験を実施しています。合格するためにはインプット以上にアウトプットが大事なのです。繰り返し答案練習を行って、実力をつけることが大切なのです。また試験は択一式だけでなく、近年は記述式にも重点を置かれているので専門学校では記述式の指導も力をいれています。そして行政書士の求人はハローワークやインターネットで探すことができます。最近は徐々に求人も増えています。

講師やスタッフが合格までサポート

難関資格である行政書士試験において孤独に陥り、方向性を見失うこともあります。しかし専門学校に通学していると講師の方に疑問質問をぶつけたりスタッフに悩みを相談することもできます。また同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨しながら、励ましあうこともできます。そのためモチベーションを維持しやすいというメリットがあるのです。行政書士の仕事は非常に幅ひろく、会社設立や建設業許可申請や風俗業の許可や帰化申請など様々な業務を行うことができます。さらに最近では総合的なコンサルティングや裁判外紛争解決などで活躍する方も増えています。専門学校では経験豊富でわかりやすい指導を行う講師や現役で業務を行っている講師の方が初学者にも基礎から親切に教えてくれます。また内容の濃い書籍やDVDを発行しています。専門学校では興味のある方には、無料で資料を配布しているので連絡してみることです。

人気記事ランキング