バックナンバー

喪主として挨拶する場合

葬儀・告別式での挨拶

葬儀・告別式での挨拶のポイント

葬儀・告別式で挨拶する場合、遺族の立場であれば、参列してくださったこと、生前お世話になったことへの感謝を表しましょう。例文がネット上にもありますし、葬儀社からもいただけるかと思いますので、それらを参考にすれば失礼なく挨拶ができます。定型文通りだと、血の通っていない言葉に聞こえることもあります。できるだけ自分の言葉を入れるようにすると良いでしょう。長さは3分程度がベストです。 不幸を繰り返さないという思いから、不幸が重なること・繰り返されることを連想させる言葉は「忌み言葉」とされています。「重ねて」「返す返す」「たびたび」といった言葉は、葬儀・告別式ではなるべく避けましょう。挨拶を行うときは、落ち着いて見えるよう姿勢を正し、肩の力を抜きましょう。力を抜き、感情的になりすぎず、参列してくださった方に、きちんと言葉を伝えられるようにしましょう。葬儀・告別式に参列した場合も、どう言葉をかけてよいのかわからなくなってしまいます。この場合は、手短にお悔やみの言葉を伝えましょう。「このたびは ご愁傷様です。さぞお力おとしのことと お察し致しております。」等 、故人の死を悼む気持ちと、遺族への配慮を述べればOKです。また、参列者側も繰り返しを連想させる忌み言葉は使わないように注意しましょう。死を表す言葉は、宗教ごとに異なっている点も注意が必要です。仏教では「成仏」「冥福」、神道では「永別」「帰天」、キリスト教では「召天」「神のもとに召された」と表現します。

↑PAGE TOP