バックナンバー

葬儀で基本の挨拶マナー

葬儀の時の挨拶のマナー

葬儀で挨拶するときには

葬儀で知っておきたいマナーの中でも、挨拶の仕方は特に気をつけて気遣いが必要な場面だといえます。どのような時でも相手に対して気をつかい、しっかりと挨拶をすることが大切なのですが、葬儀の場に関してだけはあまりはっきりと元気よく、大きな声で相手に対するのは非常に失礼になってしまうので気をつけましょう。マナーとしてはお悔やみの言葉はシンプルで、核心などに触れない少し曖昧な感じで行うのがマナーになります。特に元気づけようといろいろと言葉をかけたくなると思いますが、長く話すこと自体が葬儀の場ではマナー違反になってしまいます。シンプルな言葉で、内容もさわりのないものを選び短く挨拶することが大切です。また遺族とお話をする時は、死因などを聞くことも避けるようにしましょう。挨拶をする時もはっきりとするのではなく、小さな声で語尾が少し聞こえないくらいの感じで行なうのがいいでしょう。その他にも葬儀では繰り返す言葉、例えばわざわざであったり、たびたび、というような言葉は忌み言葉として嫌われますので使わないように言葉のチョイスは慎重に行なう必要があります。葬儀の場では、特に言葉に気をつけて遺族に負担をかけないのが最低限のマナーになります。

↑PAGE TOP