バックナンバー

葬儀の喪主挨拶の意味合い

葬儀での喪主の大事な仕事です

葬儀の場での喪主挨拶は重要です

葬儀や通夜の場では、喪主の挨拶は重要な意味合いを持ってきます。基本的なスタイルは、一定の流れが決まっています。まずは、参列者に会葬いただいたことのお礼を申し述べ、故人から見た自分の続き柄を言います。次に、故人の享年や生前の仕事、パーソナリティについて触れていきます。そして、生前に.故人がお世話になったことのお礼を述べ、結びとして、生前に多大のお世話になったことを感謝し、今後とも遺族へのご支援をお願いします。最後に会葬お礼の言葉でもって締めくくります。喪主の挨拶として重要なことは、忌み言葉を使わないことはもちろん、早口にならないようにゆっくりと話すことが大事です。人前で話をすることに慣れていないのであれば、メモを見ながら喪主としての挨拶をしても非礼にはなりません。なお、葬儀での挨拶の文例はネットでも掲載されていますので、それを自分の立場に置き換えて文章を用意すれば問題はありません。葬儀や通夜の場での喪主挨拶では、悲しみのどん底にありながら、堂々と語りかけている場面というのは、非常に胸を打つものがあります。それだけに、喪主としては慎重に対処することが求められます。日常的にあまり経験するものではありませんので、万が一の事態を想定して、シミュレーションしておくと確かです。

↑PAGE TOP